賃貸物件退去時のトラブル回避法

どんなものでもそうですが、借りたものというのはいつか返さなくてはいけません。賃貸住宅も、理由はいろいろありますがいつかは大家さんに返却することになります。実は退去時のタイミングというのはいろいろとトラブルが起きやすいと言われています。未然に防ぐためにも退去時にはいくつかの注意点を覚えておきましょう。

退去時に最もトラブルになりやすいのが敷金に関することです。原則としては担保として預けているお金ですからほとんどの額が戻されるということになっています。ただ原状回復が原則ですから、それに関わる部分は多少引かれてしまうというのは覚えておきましょう。

一般的な減額であれば問題ないのですが、大家さんや管理会社によっては必要以上に原状回復費を取ろうとすることもあります。明らかに多い場合はさすがにクレームを入れなくてはいけません。しかしなぜそうした事態になってしまったのかを考える必要もあります。

そもそも原状回復というのは、賃貸物件を貸したその瞬間に戻すということです。その時すでについていた傷や破損していた設備などは、退去時に修復する必要はありません。直すにしても借主が修繕費を負担する必要などないのです。

しかし、内見などで元々あった傷などを見逃している場合、「住んでいる間につけたもの」とみなされることがあるのです。そうなるとやっかいで、「つけた」「つけてない」の言い合いになってしまうことも少なくありません。

水掛け論のようなトラブルにならないためには、事前にしっかりチェックしておくことが大切です。賃貸物件を借りる際は退去時のことを考えて写真などを撮っておくようにしましょう。それが証拠となって退去時のトラブルを防ぐことにつながります。