賃貸している部屋に不具合があった時はどうするべきか

賃貸物件では新築ではない限りはどうしても設備や部屋の不具合などがあったりします。住むのに特に問題が無い場合は放置してしまいがちですが、できればすぐに対処した方が無難です。後々ちょっとしたトラブルになることも少なくありません。

たとえば、図面や賃貸物件の条件として書かれていた設備が壊れていたり足りないなんてことは意外と多いものです。大抵の場合、そうしたトラブルは内見などによって未然に防げるものなのですが、まれに見逃してしまうなどといったこともあり得ます。

水回りのや火の元の不調であれば、生活そのものに関わることですのですぐに大家さんや管理会社に連絡することでしょう。しかしあまり生活に関わらない部分、たとえばトイレの小窓が開きにくい、ベランダのある部分に破損があるなどは放置してしまうかもしれません。

住んでいる間は別に問題ではないのかもしれませんが、そうしたちょっとした不具合というのは退去時に大きなトラブルになる可能性を秘めているのです。大家さんや管理会社というのは、賃貸物件に対してある程度の信頼を持っています。綺麗であることが当たり前だと思っているのです。ちょくちょく確認するわけではないですから、経年による劣化も時には見逃してしまいます。元々あったちょっとした不具合も、彼らは気づいておらず「貸している間に起きた破損」ととらえてしまうのです。

そうなってしまうと、自分は悪くないのに多額の修理費を請求されるなんてことにもつながります。内見時に見つけられなかった、生活に支障が無かったといったちょっとした不具合でも逐一報告するようにしましょう。退去時のトラブルを未然に防ぐことにつながります。