賃貸での近隣住民とのトラブルについて

賃貸物件を借りている際に、人によってはトラブルに巻き込まれるなんてこともあります。中でも多いのが近隣住民との問題です。自分が悪いというケースもありますが、一方的に巻き込まれてしまうなんてこともあり得る話です。賃貸に住むにあたってどのようなトラブルがあるのかについてご紹介いたします。

近隣住民とのトラブルで最も多いのが騒音に関するものです。賃貸に住む人は年々増えてきていますが、それに伴って騒音というものはかなり大きな問題になってきています。最近は壁を厚くしたり防音用の壁を配置するなどの物件も増えてきていますが、すべてそういうわけではありません。

木造であったり古い物件だったり家賃が安いようなところはどうしても壁が薄くなっていて音が響きやすいものです。戸を閉める音や足音などはかなり響くようですので、なるべく静かに戸の開け閉めや移動をするように注意しましょう。

また近年、ペットに関する近隣トラブルも増えています。ペット可の賃貸物件が増加していることがその理由の一つとなっています。一人暮らしが増え、愛犬と住みたいと思うのは普通のことです。しかし、ペットによっては鳴き声がうるさいなどの問題もあります。しつけをしっかりしたり、ペット可かつ防音にも配慮した賃貸物件を探すなどの工夫をしましょう。

近隣住民とのトラブルを未然に回避するポイントとしては、ご近所付き合いをしっかりしておくというのも良いでしょう。ある程度親しければ文句も言いにくくなりますし、多少の配慮はしてくれるものです。ペットを飼っている、子供がいるなどの場合は上下左右の賃貸物件にひと声かけておくことも忘れずに行ってください。