賃貸では大家さんや管理会社との関係は良くするべき

賃貸というのは自分のものではなく、大家さんや管理会社が所有する物件になります。ですから、あまりにワガママで自分勝手な行動をしてしまうのは良くありません。大家さんや管理会社も人間ですから、良い人に貸したいと思っています。良い関係を築くようにしていきましょう。

賃貸物件には入居の際にいろいろな契約や条件が必要になります。お家賃が高かったり、グレードの高いところはそれなりに条件というものは厳しくなることが多いです。収入面はもちろんのこと、人柄などが重視されることも少なくありません。

お金を払えば何も問題ないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、短気な人や怪しい雰囲気の人の場合大家さん側としては「何をするかわからない」といった不安があるものです。何かトラブルがあってからでは遅いわけですから、未然に防ぐためにも人柄などが重視されるケースもあります。

大家さんや管理会社と仲良くなっておくと、賃貸暮らしでは大きなメリットがあります。たとえば、更新時に更新料を減額してくれることもあるでしょう。こちら側の不手際で設備の不備があった場合でも、全額負担してくれるなんてケースもあります。「真面目で何事もなく住んでくれているから」そういう思いがあればこそのメリットです。大家さんも人間ですから、良い人には良くしてあげたいと思うのは当然のことといえます。

もちろん、関係を良くしたからと言って必ずしもメリットがあるとは言えません。しかし、関係が悪ければデメリットが起きる場合だってあるものです。賃貸とは人と人が契約するものなのですから、なるべくなら良い関係を築く方が良いのではないでしょうか。